球根 花の通販人気ランキング

球根 花のお買い得情報をご紹介しています。



TOPページ | 次のページ

リコリス 白花 アルビフローラ 球根2球 「☆」

価格: 540円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
リコリス 白花 アルビフローラ 球根2球*お届け時期によってはポット植えになります。*花色はクリーム色や薄い桃色を帯びることがあります。植え時7?10月、開花期9?11月植え方等の説明書付植え方のポイント(花壇)腐葉土を混ぜるようにして耕す植える深さは球根の上部から5cmぐらい土をかぶせる程度球根の間隔は15cm前後植え方のポイント(プランター、鉢)鉢底に水はけを良くするために大粒の赤玉等をひく植える深さは球根の上部から5cmぐらい土をかぶせる程度どんな所でもよく生育し、作りやすく、花壇、庭園、鉢植えに最適花は丈夫で先端に大きく咲き、色彩も鮮やかで美しく、その姿は優雅に秋の花壇を飾ってくれます。
(更新日時:2015/09/05 10:23)

【球根】アイリス

価格: 438円 レビュー評価:4.4 レビュー数:5
コメント オランダで開発された“ダッチアイリス”です。水あげがよく、切花にも最適です。 用途 花壇、プランター、切花 草丈 40?50cm 植付期 9?11月 開花期 4?5月 容量 白、紫、青、混合:10球黄、白に黄:7球 花言葉 使命・伝令 植え方 株間5?10cm 育て方 日当たりがよく水はけのよい場所を好みます。酸性土壌を嫌うので、植えつけ前に苦土石灰で中和しておきましょう。多肥を好むので、肥料を切らさないように育て、球根を太らせます。花が終わったら、タネが実らないように取り除きます。花後、1ヶ月ほどして葉が黄色くなってきたら、完全に枯れる前に掘り上げて日陰で1ヶ月ほど乾燥させた後、球根を切り取って保管します。 備考 ・この球根を食べたり、動物等に与えないで下さい。・輸送中に球根の傷みなどが発生する場合があったり、厚さの規定等の理由がありますので、球根は基本的にメール便での発送をお
(更新日時:2015/09/05 10:23)

リコリス球根 スクアーミゲラ(ピンク) 1球入り

価格: 432円 レビュー評価:4.32 レビュー数:19
学名: Lycoris squamigera 原産: 中国、東アジア花期: 8?9月「夏水仙(ナツズイセン)」とも呼ばれ、ピンクの花を咲かせます。1球入りです。 157bリコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属    球根植物(学名)Lycoris(原産)中国を中心とした周辺地域(別名)彼岸花(ひがんばな)    曼珠沙華(まんじゅしゃげ)彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7?8月頃から開花するものがあります。(植え付け)球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。日当たりと水は
(更新日時:2015/09/05 10:23)

ヒヤシンス球根 5球セット 【選べるカラー】【ヒヤシンス球根】

価格: 1,620円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
ヒヤシンス球根選べる5色5球セットです。カラーは赤、黄、紫、桃、白です。組み合わせは自由です!1梱包で何セットでも同送可能です☆ヒヤシンスは、球根状態のお届けとなります。選べるカラー5球になります。☆育て方☆土植えの場合、9月?10月に球根を植えます。 土は水はけの良いものが好まれます。またヒヤシンスは酸性の土壌を嫌いますので、石灰を撒いて酸性を中和するといいです。よく分からない場合は、鉢に市販の土を入れて球根を植えましょう。 球根は頭が少し出るように植えましょう。鉢植えにする場合、用土は市販の花と野菜の土を利用します。 水耕の場合 水耕栽培は水に浸かっているので水やりは不要と思いがちですが、一週間に一回は水を取り替えてください。また、水が減って根が乾くとヒヤシンスも干上がります。気をつけましょう。 1ヒヤシンスは寒さに当たらないと花芽がつかず、花が咲かないので、花が咲くまでは戸外で寒さに
(更新日時:2015/09/05 10:23)

リコリス球根 スプレンゲリア 2球

価格: 432円 レビュー評価:4.33 レビュー数:12
学名:Lycoris sprengeri 原産: 中国雲南省 花期:秋 「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。2球入りです。 開花期は関西地方では8月下旬?9月下旬10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 《花壇植え》植付け深さ:5?7cm植付け間隔:10?15cm(球根3個分)30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます)《鉢植え・プランター植え》7号鉢:3球プランター650型:8球球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。『水遣り』開花後も土が乾かないように潅水を続けます。追肥は3週間に1回、
(更新日時:2015/09/05 10:23)

Supported by 楽天ウェブサービス

TOPページ | 次のページ